つらい産後うつの原因と解消法|完治するまでの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

回復方法

ドクター

産後うつかな?と感じてしまったらまずパートナーや親族、仲の良い友人に相談するとよいでしょう。相談する相手が居なければ地域の相談窓口を利用すると相談に乗ってくれます。今の現状を正直に打ち明け、不安や悩みもすべて話してみましょう。そうすることで有益なアドバイスをもらえて、なおかつ自分の気持ちや不安が薄らぐことがあります。相談しても状態が良くならない場合は、早めに心療内科や専門医がいる機関で相談受診をしてください。心療内科に行くのは少し抵抗があるかもしれませんが何もせずにいると症状が深刻化してしまう可能性があります。医師と話をする中で自分の中に隠れていた気持ちに少しずつ気づくことができてきます。医師との関係性や信頼性を築き上げることも大事になってきます。そのためには自分の気持ちに素直になり正直に話をすること。自分を責めるのを止める事。周囲に協力を求め、うつであること、体調が良くないことを伝えてみる事。自分を客観視してみる事。などの気持ちが回復へ向かう一歩へとつながります。これらを少しずつ自分のペースで取り入れてきたので、自分と向き合う事ができ、パートナーや親族との信頼関係も生まれてきます。また産後うつと診断された場合は個人の症状や程度に合わせて薬が処方されます。授乳中の場合は副作用の少ない薬を処方してもらえます。症状が重くなってしまうと、入院が必要になる場合もあります。精神的な落ち込みがひどく赤ちゃんのお世話ができない。最悪の場合は自傷行為をしてしまう症状がみられる場合は入院になることもあります。入院することで、赤ちゃんの世話と家事から距離を置くことができ、心身の健康状態や体力回復をすることができます。赤ちゃんの世話ができずに自分を責めてしまうこともあるかと思いますが、赤ちゃんはママが笑っているのが一番うれしいはずです。早く元気になるように治療に専念することが大事です。医師から入院をすすめられたら気負わず前向きに考えてみると良いでしょう。産後うつで長期入院になってしまったら費用の心配が出てきますが治療には保険が適用されるので三割の自己負担ですみますし、治療費が一定額を超えると高額療養制度で返還できる場合もあります。スムーズに手続きできるように事前に病院の事務員などに相談しておくと良いでしょう。産後うつは出産育児を経験したママなら誰でも気持ちがわかると思います。つらく感じてしまう自分を認めて、十分頑張ってると認めてあげることも大事です。家族と自分のためにも少しでもゆったりした気持ちで過ごせるよう、自分でできそうなことがあれば積極的に取り入れてみてください。