つらい産後うつの原因と解消法|完治するまでの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢出産

相談

出産する年齢も30代後半~40代と高齢出産をする女性も増えてきました。最近では35歳以上で初産を経験するという人も多く居て、特にそのような母親が産後うつになりやすいという事がわかってきています。高齢で出産する人には人生経験もある程度充実しており、社会的地位や責任感が若い人に比べ高いという点から、産後うつを発症しやすくなっていると言われています。さらに高齢になればなるほど妊娠出産へのリスクが高まります。流産や早産、染色体異常の子が生まれる確率が高くなると言われています。高齢出産だけど頑張れと言われたり、高齢出産の危険性などを耳に挟んでしまうと更に不安は大きくなりますこの事から何事もなく無事に生まれてきてくれるのだろうかという強いプレッシャーを感じながら妊娠期間中を過ごすことになります。この妊娠中のプレッシャーが大きければ大きいほど産後うつに発症しやすくなるので注意をすることが大事です。産後うつには世帯収入や子供の父親の年齢などには関係がないと言われています。どうしたら産後うつにならないか計画的な行動をすることで軽減することができます。産後職に就くのであれば保育園へ通わせることも念頭に置いておかなければなりません。今の時代保育園へ通わせることも難しいと言われているので積極的に保育園情報をリサーチする事が大事です。また地域の児童施設や直接役所へ行って相談をするのも良いでしょう。また育児休暇を取得する場合も計画性が重要です。会社自体に育児休暇取得への理解をしてもらうために仕事の引継ぎはしっかりとしておきましょう。そうすることで復帰後もスムーズに仕事を始められることができ、ストレス軽減になることでしょう。また周囲のいたわりが重要になります。夫だけではなく兄弟や近くの親族がママをいたわってあげることで産後うつを引き起こす可能性が低くなります。