つらい産後うつの原因と解消法|完治するまでの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

体験談

看護師

出産後、子育てぐらい自分でできるという強い気持ちがあったため、里帰りはせず義理の母にたまに家に来てもらい産後の面倒を見てもらうことにしました。義母に頼るのは産後一か月にしてあとは自分の力で子育てをしていこうと考えていました。義理の母には特に面倒をかけたくなく頑固者でもある私は甘えることに抵抗があり、自分の力を過信しすぎていました。生まれて初めての出産育児が始まり、出産後体力も回復していないのに容赦なく授乳が始まります。まさか二時間おきに昼夜関係なく起きて授乳をしなければならないとは知りもしませんでした。入院から二日目がたったころから私の体調に異変が表れ始めました。イライラが止まらないのです。優しく接してくれる旦那に当たってしまいます。旦那と別れたい、顔も見たくないし視界に入るだけでイライラする。いっそのこと別れてしまいたい。そんな気持ちとは裏腹にひっきりなしに泣く我が子。全然かわいく思えなくてそんな自分にも嫌気がさします。それから退院、いよいよ自宅での育児が始まりました。基本的に私の機嫌は最悪で、子供と部屋にこもりがちになり食う寝る以外は何もしてなかったように思います。せっかく義母に来てもらっていましたが話をするのも、子供に触られるのもすごく嫌で、旦那を通して帰るように伝えてもらいました。さすがは育児経験者の義母です。何事もわかっているかのように、こんな最低な私に「大変な時は我慢せず頼ってね」と手を握ってくれました。心が溶けるような感覚で涙があふれ出てしまい感謝とごめんなさいという感情が沸き起こりました。しかし数時間後には元の最低な冷たい自分に戻ってしまいました。昼間は旦那が仕事に出かけているので子供と二人きりです。赤ちゃんに話しかけても理解しているのかどうかわからない反応で、誰かときちんと話がしたくなり孤独感を感じ始めます。産前はバリバリのワーキングウーマンで出産を機に育児休暇を取得しました。自分が休んでいる間にほかの人に自分の居場所を取られるのではないだろうか、仕事のスキルは落ちてしまわないかと不安になり落ち込んでしまいました。日がたつにつれて、私のイライラは大きくなっていき暴言を吐くこともよくありました。特に旦那に対しては酷いことをしたと思います。今落ち着いて思い返してみれば産後うつになっていたと思います。自分がまさか産後うつになるとは思っていなかったので、友達に軽く愚痴をこぼす事しかしていませんでした。本当におかしい言動や行動をしていたので周囲に一度専門の機関に相談に行くといいよとすすめられ、行ってみることにしたのです。助言があったおかげで深刻化せずすんだと思います。最終的には病院へ行き医師に診てもらうことになり今現在では普段の自分を取り戻しています。もしもこのような状態になっている方は早めに病院に行くことをお勧めします。